お昼だけではもったいない!奈良公園の隠れた楽しみ方を紹介

ナイトウォークに出かけよう!夜の奈良公園は魅力満載

昼は多くの観光客で賑わう奈良公園。お寺巡りや修学旅行で訪れたという人も多いことでしょう。では、静まり返った夜の奈良公園に行ったことはありますか。お寺や神社の参拝時間は5時までですが、実は夜でも公園内や境内は自由に散策できるのです。夜の奈良公園は昼とは違った荘厳な雰囲気で包まれています。宿でのんびり一夜を過ごすのも素敵ですが、お休み前のひと時に神秘的な光景が見られる、奈良公園のナイトウォークに出かけてみてはいかがでしょうか。

鉄板スポットを紹介!ナイトウォークはここがおススメ

東大寺大仏殿周辺も夜にはひっそりと静まります。19時を過ぎると、ほとんど人がいなくなるので、昼間はゆっくりと見られなかった南大門や仁王様もじっくりと鑑賞できますよ。南大門から人の気配が消えた大仏殿を見れば、そのスケールの大きさに改めて驚くはずです。お堂の中には入れませんが、それでも世界最大の木造建築を独り占めできる瞬間はまさに贅沢の一言。天平時代にタイムトリップしたかのような幻想的な光景を見ることができます。夜の奈良公園を巡るなら、まずはこの東大寺大仏殿からスタートしましょう。

お水取りで知られる二月堂は夜にこそ訪れたいスポットです。この二月堂は大仏殿の右手にある丘を進み、少し石段を登ったところにあります。夜には明々と灯篭が灯されるので、昼間とはまた違った雰囲気の二月堂が観られますよ。この二月堂を取り巻く回廊は夜間の参拝も可能です。回廊からは奈良の夜景が一望できます。灯篭の暖かな光に包まれながら眺める絶景は言葉を失うほど感動的。さらにお堂横には大仏殿裏側へと繋がる石段があります。この土塀に囲まれた風情ある石段も夜なら独り占めすることができますよ。

バイザポートとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です